愛ある社会貢献の実践

日々、私たちは、あんなことがしたい、こんなことがしたいと物欲や食欲などに振り回され、いつも何かしらの欲を満たそうとすることで心がいっぱいになってはいないでしょうか?


私たちを突き動かすのは、「幸せになりたい!」という想いです。
しかし、だからと言ってこれらの欲を満たせば、幸せになるのでしょうか?
答えは“No”です。


あなたが、本当に幸せになるために満たさなければならないのは、物欲や食欲などの物理的なものではなく、満たされていないと感じている、あなたの心なのです。
あなたが、あなたの心を満たすことで、今まで抱えていた不足感や、他者との勝ち負け、さらには、自分を他者に認めさせたいという欲求やそれに伴う駆け引きなど、これらの欲求がなくなります。
あなたは、隣の人を見て羨ましがることがなくなります。
あれが欲しい、これが欲しい、あんなことがしたい、こんなことがしたいがなくなります。
あるのは、幸せに満たされているという想いだけなのです。


誰しもがこのような状態にあれば、誰しもが互いを尊重し、愛し合い、争い事がない幸せで豊かな社会が創造されるはずです。
つまり、「愛ある社会貢献の実践」とは、一人一人が自分で自分を満たすことなのです。


ラブスピースでは、自分を満たすための学びとして、「探究樂」があります。
日々の生活の中に学びがあり、楽しみながら学び、探究し、自らの霊的成熟度を向上させることが「愛ある社会貢献」の第一歩となり、探究で成熟した霊的な振る舞いを社会の中で体現し、実践することが「愛ある社会貢献の実践」となります。
これこそが、幸せで豊かな霊的社会を創造することに繋がるのです。


 このページのトップへ

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com